機械系学徒がインデックス投資で百万長者になるまで

機械系の人間がインデックス投資で悠々自適な生活を送るまでを実直に書いていく。

米国株式ってなんでしょうね?

株式市場といえばアメリ,というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?

 

リーマンショック,暗黒の木曜日,ブラックマンデーなどなど様々な暴落の影響を受けてきた国でもあります。

現在でもGDP1位の経済大国です。日本はもう3位まで落ちてしまいましたが,アメリカはまだ一位をキープし続けています。しかもGAFA*1を擁しています。GAFAはつい先日東証時価総額を上回りました。だからこそ株式,経済の国アメリカなのです。

そんな国アメリカの株式,いわゆる米国株式の特徴について解説します。

  • 一株単位から買うことが出来る
  • 配当が年間4回出る
  • 値幅制限がない

等の点が挙げられます。

日本株の場合,例えば任天堂キーエンスだと400万円以上つかわないと100株買うことも出来ませんが,米国株では一株高くても数万円で買うことが出来るので株取引自体のハードルが低いです

 ②配当金が年間四回出ます。パターンはそれぞれですが、3,6,9,12月など三か月に一遍配当金を出すことが主です。中にはグーグルやアマゾン,バークシャーなど配当金を一切出さない会社もあります。そこはそれぞれの会社の考え方次第です。

日本株では株価が乱高下したときストップ高,ストップ安のように激しい値動きをした場合に市場全体が大混乱に陥らないような調整弁が設定されています。

一方米国市場では,そのようなシステムはなく上がる時は反落するまで上がり続け,下げるときも底を打つまで下がるという事が起こりえます。

これらの三点が主な特徴であります。

この中で一番大きいのはやはり参入の垣根が低いというのが大きいのではないでしょうか?証券会社に口座を開いてお金を入れてすぐ始めることが出来ます。

ぜひやってみましょう。やってみるとハマってしまいます。。。