機械系学徒がインデックス投資で百万長者になるまで

機械系の人間がインデックス投資で悠々自適な生活を送るまでを実直に書いていく。

Amazonの株がほしいですか?

今流行りに乗ってAmazon株を買う必要がありますか?

結論から言えば買える資金的余裕があれば買ってもいいと思いますが,必ずしも買う必要はありません.投信だけでも十分かもしれませんよ?

 

 GAFA*1の四社とマイクロソフトの合計時価総額が先日東証全体の時価総額を抜いたことは記憶に新しいですね.

www.nikkei.com

引用:日本経済新聞

まずamazon株についてですが,現在2900$程度となっています.更なる情報は下のリンクにすべて書いてあるので是非とも参照してください.日本版のyahoofinanceよりも海外版のYahooFinanceのほうが載っている情報が多くて参考になりますよ.


finance.yahoo.com

引用:YahooFinance

 

このように時価総額も一兆$を超えるなど著しい成長が見て取れます.今後も伸びていき3000$を超えるのは間違いないと思われます.

ここで投資信託を見ていきましょう.なんでここで投信が出てくるのかと思われるかもしれませんね.その理由は,投信の中には株式,債券など色々な金融商品を組み込んで組成してあるからです.

参考までにeMAXIS slim全世界株式(オールカントリー)という商品の内訳を考えてみます.

この商品の概要としては,全世界の株式に投資するという単純明快な趣旨の商品です.ベンチマーク*2MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスを採用しています.

経費については,2019年から2020年までの一年間で以下の表のとおりです.
項目 金額 比率
(a)信託報酬 13 0.119
(投信会社) 5 0.049
(販売会社) 5 0.049
(受託会社) 2 0.021
(b)売買委託手数料 2 0.016
(株式) 1 0.013
(新規予約権証券) 0 0
(投資信託証券) 0 0
(先物・オプション) 0 0.003
(c)有価証券取引税 4 0.035
(株式) 4 0.034
(新規予約権証券) 0 0
(投資信託証券) 0 0.001
(d)その他費用 4 0.039
(保管費用) 4 0.034
(監査費用) 0 0.003
(その他) 0 0.001
合計 23 0.209

引用元:交付運用報告書(全体版)p.3より引用

このように23円と安いです.信託報酬は年率0.1144%(税込)です(この数値は交付目論見書によります).これは一般的に言えば安い部類の信託報酬に入りますね.

また組入ファンドの組入比率についてもしっかり考えましょう.

純資産総額に対してどこにどれだけ投資しているかが分かります.

組入ファンド 組入比率
日本株式インデックスマザーファンド 7.3%
外国株式インデックスマザーファンド 80.9%
新興国株式インデックスマザーファンド 11.7%

このように純資産総額のうち8割が外国株式インデックスマザーファンドなるものに投資されています.

更にこのマザーファンドの上位組入銘柄を見てみましょう.

以下の表のとおりです.(ほか二つのマザーファンドの上位組入銘柄についても載せる事は出来ますがさすがに長すぎるので省略します.)

順位 銘柄 種類 業種 比率
1 APPLE INC 株式 米国 テクノロジー 2.4
2 MICROSOFT CORP 株式 米国 ソフトウェア 2.4
3 AMAZON.COM INC 株式 米国 小売 2.0
4 FACEBOOK INK-CLASS A 株式 米国 メディア・娯楽 1.2
5 JPMORGAN CHASE&CO 株式 米国 銀行 1.0
6 JOHNSON&JOHNSON 株式 米国 医薬 1.0
7 ALPHABET INC-CL C 株式 米国 メディア・娯楽 1.0
8 ALPHABET INC-CL A 株式 米国 メディア・娯楽 0.9
9 EXXON MOBIL CORP 株式 米国 エネルギー 0.8
10 NESTLE SA-REG 株式 スイス 食品・タバコ

0.8

引用元:交付運用報告書(全体版)p.14より引用

このようにGAFA+Mの大型株の全てが入っています.またその他の大型株であるエクソンモービル*3ジョンソンエンドジョンソン*4などの会社も入っています.

このように,この投信では,amazon株に対しては純資産総額×80.9[%]×2.0[%]より約1.6%程度投資していることになります.

このようにわざわざamazon株を買っていなくてもこの投信を買っていれば投資額の1.6%はamazon分散投資していることになります.amazonだけを買うのもいいですけど,リスク分散の観点から考えると投信を買った方が妥当だとおもいますよ.

それにamazon株を買うにはいきなり30万円程度必要なことを考えると投信で買っていく方が無難ですしね.

 

どちらを選ぶかはあなた次第です.

 

*1:Google,Apple,Facebook,Amazonの四社の頭文字

*2:運用の目標とする指標,これに近い値動きをするのがいいインデックスとされている.

*3:石油メジャーの一つの多国籍企業

*4:米政府のコロナウイルスのワクチン開発計画に採用されている